アルトサックス初心者のための入門講座 ~アルトサックスでジャズを!~

サックスに興味がある!ジャズにも興味がある!でも、はじめ方が分からない・・
そんなあなたに贈る、サックス初心者向けの入門講座! サックスの選び方から丁寧にガイド!


サックスの音質向上を目指してるあなたへ!

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かなりごぶさたの更新です。 

約6年ぶりのおすすめCDの紹介です。
実は最近、仕事が忙しく全くサックスを吹けていません。

ですが、聴くのは相変わらずの感じで、死ぬほど聴いています。
今日は、ジャズの帝王 マイルス・デイヴィスのCDを紹介したいです。

言わずと知れた、帝王マイルスのあまりに有名すぎる1枚。ジャズCDの中で一番好きなCDはこの "Kind of Blue"です。 

当時のマイルス・バンドのフロントは、ジョン・コルトレーンとキャノンボール・アダレイでした。ふたりとも、超絶技巧派のサックスプレーヤーですね。

1曲目の"So What"が代表曲で、いわゆるモード奏法が確立された曲ととして有名です。モードでの奏法なので、なんとも言えない浮遊感が漂っています。

ぜひ、聴いてみてください。
関連記事
スポンサーサイト

| おすすめのCD | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。