アルトサックス初心者のための入門講座 ~アルトサックスでジャズを!~

サックスに興味がある!ジャズにも興味がある!でも、はじめ方が分からない・・
そんなあなたに贈る、サックス初心者向けの入門講座! サックスの選び方から丁寧にガイド!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


サックスの音質向上を目指してるあなたへ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サックスの構造

サックスは、「管楽器の種類」でも触れましたが、木管楽器です。

ここでは、サックスの構造について、より詳しく見ていきます。



まず、組み立てる前のサックスは、こんな感じになります。
(画像はアルトサックス用のものです。)
A-13 サックスパーツ
小学校で皆さんもリコーダーを吹いていたと思いますが、それと同じように、
使わないときは、このように、ばらしておきます。

サックス本体以外の部分を紹介いたします。
A-6 mouthpieceマウスピース
・金属製、ラバー製などがある
・価格帯は、数千円~10万円
 (メーカー、材質などで異なる)

 マウスピースの詳細へ
A-6 reedリード
・木製のものが最も多い
・これが振動して音の素となる
・価格帯は、1箱3,000円前後(10枚/箱) 

 リードの詳細へ
A-6 regacharリガチャー
・マウスピースにリードを固定するにの使用
・リガチャーの締め具合で息の入り方が変化
・価格帯は、数千円から~数万円まで


A-13 ネックネック
・マウスピースと本体をつなぐ
・通常は新品を購入した際に付属
・ネックによって、音質が変わる



マウスピース、リード、リガチャーを組み立てるとこうなります。
リガチャーがリードを固定しているのがわかると思います。
A-13 組立済
(実は、この状態でも音が出ます。)

これを、ネックに取り付けるとこうなります。
A-13 ネック付
そして、サックス本体に取り付けます。
A-5.jpg
サックスの組み立て方のより詳しい解説へ

ヤマハのホームページでも詳しく解説されていますので、ご参照下さい。
http://www.yamaha.co.jp/plus/saxophone/?ln=ja&cn=10207
関連記事

| サックスの構造と種類 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saxbeginner.blog39.fc2.com/tb.php/13-d53ab59f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。