アルトサックス初心者のための入門講座 ~アルトサックスでジャズを!~

サックスに興味がある!ジャズにも興味がある!でも、はじめ方が分からない・・
そんなあなたに贈る、サックス初心者向けの入門講座! サックスの選び方から丁寧にガイド!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


サックスの音質向上を目指してるあなたへ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マウスピースの材質



マウスピースは、
口をあてて、息を吹き込む部分のサックスのパーツの一部です。


リガチャーでリードを固定し、そこから息を吹き込むことで、音が発生します。
マウスピースによって、音はいくらでも変化します。

そのため、リードと同様に、 いいマウスピースに出会うのは、
サックス奏者にとって永遠のテーマです。


ここでは、マウスピースの材質について、詳しく見ていきましょう。



材質

大きく分けて、メタル(金属)とエボナイト(ゴムの一種)があります。

マウスピースのみ(材質はメタル)
IMG_4817.jpg IMG_4818.jpg
マウスピースのみ(材質はエボナイト)
IMG_4820.jpg IMG_4822.jpg

クラシックでは、エボナイトが主流ですが、
ジャズ・フュージョン・ロックなどでは、メタルも多く使用されています。

エボナイトは全般的に、優しく柔らかい音、
メタルは荒くとがった激しい音がします。


ただ、マウスピースの構造やリードとの組み合わせ方で、
エボナイトでもメタルのような音がする場合もあります。

リードと一緒に使う

マウスピースにリードを取り付けた状態(材質はエボナイト)
IMG_4745.jpg

画像のような状態でも、息を入れれば音は出ます。
サックスで、一番最初に音を出す練習をするときは、
このマウスピースのみの音出し練習から始めるのが、一般的です。
関連記事

| マウスピース | 11:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/12/04 15:13 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saxbeginner.blog39.fc2.com/tb.php/37-8ed94a10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。