アルトサックス初心者のための入門講座 ~アルトサックスでジャズを!~

サックスに興味がある!ジャズにも興味がある!でも、はじめ方が分からない・・
そんなあなたに贈る、サックス初心者向けの入門講座! サックスの選び方から丁寧にガイド!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


サックスの音質向上を目指してるあなたへ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サックスを持つ際の指の形・動かし方

サックスを持つ際の指の形について、注意すべき点がいくつかあります。


軽くボールをつかんだような形にする

爪の色が赤く変わるほど、キイを強く抑えすぎると、
指が軽やかには動かなくなります。

サックスが上達してきて、音符の数が多い曲を吹くときには、
指がスムーズに動かないのは致命的です。

そのためにも、練習の初期段階から、

軽くボールをつかんだような形で、優しく指をキイにそえるような感じ

を身につけておきましょう。

指を常にキイから離さないようにする

指をキイに軽くそえるという感覚を身につければ、
これは自然にできると思います。

キイを抑えていない指が、キイから離れすぎていると、
キイを抑える時に、それだけたくさん指を動かす必要がでてきます。


そうなれば、速いメロディには対応できなくなりますし、
何より、演奏がせわしない感じになってしまい、音を出し方にも影響してしまいます。

サイドキイは手のひらで上手に押さえる

これまでは、メインキイの話でしたが、サックスにはサイドキイもあります。

メインキイに比べると抑える回数が少ないです。
左は特に注意して欲しいのが、メインキイを押さえている時に誤って、
サイドキイを押してしまうことです。

押してしまうと、もちろん意図していない音がでてしまいます。
そういう有意味でも、常に「ボールを持つような形をしておく」のは重要です。 ​
関連記事

| 持ち方・構え方 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saxbeginner.blog39.fc2.com/tb.php/46-445356e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。