アルトサックス初心者のための入門講座 ~アルトサックスでジャズを!~

サックスに興味がある!ジャズにも興味がある!でも、はじめ方が分からない・・
そんなあなたに贈る、サックス初心者向けの入門講座! サックスの選び方から丁寧にガイド!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


サックスの音質向上を目指してるあなたへ!

≫ EDIT

メイシオ・パーカー 『Life On Planet Groove』

今日から不定期で、管理人のおすすめCDを紹介します。
第1回目は、メイシオ・パーカーの"Life On Planet Groove"です。




Maceo Parker(as, vo)
Candy Dulfer(as)
Larry Goldings (org)
Vincent Henry(b, as)
Rodney Jones(gt)
Pee Wee Ellis(fl,ts,vo)
Kym Mazelle(vo)
Kenwood Dennard(ds)
Fred Wesley(trombone, vo)

1. Shake Everything You've Got (16:39)
2. Pass the Peas (11:26)
3. I Got You (I Feel Good) (3:45)
4. Got to Get U (7:08)
5. Addictive Love (8:58)
6. Children's World (6:21)
7. Georgia on My Mind (7:23)
8. Soul Power 92" (14:12)

1992年録音
レーベル:Minor Music



ファンキーです!
メイシオ自身の座右の銘は、

「オレの音楽は、2%がジャズ、98%がファンクだ!」

ですからね。

メイシオ・パーカーは元々は、
ファンクの帝王、JBことジェームス・ブラウンのバックで、
JBホーンズとしてアルトサックスを演奏していました。

今では、自身がリーダーとなり、カッコイイ音楽を奏でています。

個人的には、5. Addictive Love が一番のお気に入りです!
というのは、メイシオとキャンディー・ダルファーの掛け合いが
たまらなくカッコイイ!

メイシオが演奏すると、どんな曲でもファンキーになります。

以前、97年の城島ジャズインの映像で、
メイシオが"Oleo"を演奏していたんですが、
典型的なジャズのコード構成でできているあの曲が、
メイシオが吹くと、なぜか「ファンキー」になるんです。

頭のてっぺんから足の爪先まで、ファンクなんですね。


実は、メイシオには、その昔、会ったことがあります。

今から約11年前、まだ大阪にブルーノートがあった頃、
メイシオのライブを見に行きました。

その時の大阪ブルーノートは、チケットの予約のみで、
座席の指定はできなかったので、
なるべくステージ前の特等席を取るために、
3時間くらい並んだのを覚えています。

ライブ中は、ホントに夢のようでした。ヽ(゚◇゚ )ノ

ライブが終わった後に、ステージ横で、握手をしてもらいましたぁ。
一生で最初で最後の夢のような体験でしたね。

もす10年以上も前の話ですが、
メイシオがしめていたサックスのロゴがたくさん入ったネクタイを
今でも覚えています。

ライブが終わったあとに、握手をしてもらい、ブルーノートから家に帰るまで、
ずっと体がフワフワ浮いたような感じになってましたねぇ・・・

今でもなお健在ですね、メイシオ節!


関連記事

| おすすめのCD | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saxbeginner.blog39.fc2.com/tb.php/63-44f4d242

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT