アルトサックス初心者のための入門講座 ~アルトサックスでジャズを!~

サックスに興味がある!ジャズにも興味がある!でも、はじめ方が分からない・・
そんなあなたに贈る、サックス初心者向けの入門講座! サックスの選び方から丁寧にガイド!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


サックスの音質向上を目指してるあなたへ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィル・ウッズ "Alive and Well in Paris"

管理人のおすすめCD、第2回目は、
フィル・ウッズの"Alive and Well in Paris"です。




PHIL WOODS AND HIS EUROPEAN RHYTHM MACHINE
フィル・ウッズ(as)
ジョルジュ・グルンツ(p)
アンリ・テキシュ(b)
ダニエル・ユメール(ds)

1. AND WHEN WE ARE YOUNG (14:00)
2. ALIVE AND WELL (3:36)
3. FREEDOM JAZZ DANCE (7:40)
4. STOLEN MOMENTS (9:37)
5. DOXY (1:31)

1968年11月14-15日録音
レーベル:Pathe


このCDとの出会いは、大学時代です。
大学生活の前半の2年間は、ジャズに狂った日々でした。

専攻の講義が終わればすぐに、ジャズ研の部室に行き、
アホほどサックスの練習をしていました。

その時、サークル仲間から、このCDを借りて聞きました。
その時の衝撃はすごかったですね^^

1曲目の"AND WHEN WE ARE YOUNG"は、
1968年6月6日に銃弾に倒れたロバート・ケネディへの哀悼の意を込めて
フィル・ウッズが作曲をしています。

フィル・ウッズのアルトサックスの演奏技術は言うまでもないですが、
その、熱く悲しい演奏に聴きいってしまいます。

アルトサックス吹きのかたを始め、ジャズ好きな方など、
ぜひ聴いてみてください。

関連記事

| おすすめのCD | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saxbeginner.blog39.fc2.com/tb.php/69-1d698124

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。